あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『のぼうの城 下』 和田竜

「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた
和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、
酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに
立ちあがる。「これよ、これ。儂が求めていたものは」
一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るか
った。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利
な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な
戦いが、ついに幕を開ける。 (「BOOK」データベースより)






面白かった!!
こんな時代小説?歴史小説?なら私も読めます(笑)

この成田長親こと「のぼう様」の、掴みどころのなさがいいですね。
ほとんどの場面が正木丹波の視線で書かれているので、実際に長親が
どう考えていたのかが分からないところが、想像の余地満載でいいです。

普段は冴えない「のぼう様」が時折見せる鋭さは、隠された才覚なのか?
ただの思い付きか??

のぼう様の脇を固める面々が、これまた個性的で良かったです。

幼馴染でもある正木丹波、武勇自慢の柴崎和泉、天才軍師・酒巻靱負、
御屋形様の娘・甲斐姫らに支えられ、のぼう様の一世一代の戦が始まり
ます。

対するは石田三成率いる、豊臣方の軍勢。
圧倒的兵力差に、どう戦うのか!?

史実に基づいた、戦国時代の戦闘シーンって、今まで全く興味を惹かれた
ことがなくて、それが歴史小説を敬遠してきた理由の一つでもあったのです
が、この『のぼうの城』では、戦闘の部分も面白かったんですよ。

普通に考えたら、一瞬で終わってもおかしくない兵力の差ですからね。
果たして、どうやって持ち堪えるのか?

忍城側の各武将の戦略が見物です。

歴史小説をこんなに楽しく読めたのは初めてでした!
良い本に出会いました。

まだまだ読みたい本がたくさんあるので、次に和田竜さんの作品を読むのは
もう少し先になりそうですが、次作も楽しみです。

ちなみに、友人のお薦めは『忍びの国』だそうです。




余談ですが、のぼうの城下巻の表紙は石田三成ですよね?
本当にこんなにカッコ良かったんでしょうか?

良い男ですね(笑)
オノ・ナツメさんの画が素晴らしい!!



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/688-4c7bedae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。