あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『偉大なる、しゅららぼん』 万城目学

内容紹介
万城目学の最新作にして、大傑作!!!
琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた
「力」があった。高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が偶然同じク
ラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がった!






大好きだな~こういうお話♪♪

魔女に魔法使い、小人にゴブリン、ガーゴイルと同じく、私の大好きな超能力もので
す!本屋大賞にもノミネートされてましたね。

結構ボリュームのある本でしたが、どんどん読み進み、あっという間に読み終わって
いました。

代々受け継がれてきた能力によっていがみ合ってきた日出(ひので)家、棗(なつめ)
家、両家の前に現れた新たな敵に、力と力がぶつかり合う戦いが勃発し・・・・

と書くと、とてもバイオレンスな雰囲気ですが、バイオレンスなところはほとんどありま
せん。それはきっと、主人公日出涼介のキャラクターによるところが大きいと思います。

涼介くんも、もちろん能力者なのですが、何かとぼけた感じでいいんですよ。
いい感じに力抜けてるというか、今ひとつ緊迫感に欠けるというか(笑)

そして、もう一人外せないのは、「グレート清子」でしょう!!
清子さん、すごく良かったです。好きになりました(^_^)

随所に散らばるユーモアも絶妙でしたねぇ。
タイトルになっている「しゅららぼん」の意味が分かった時には、思わず笑ってしまい
ました。

しゅららぼんって・・・・・・(笑)


超能力が使えたらいいのに、と単純に憧れていたけれど、そういう不思議な力を持っ
て生まれるっていうのも悩ましいものなんだな~と、この本を読んで思いました。

力を上手く受け容れられた者はいいけれど、そうでない者はその能力ゆえに悩み多く
自分で選択できないものだからこそ、その能力に苦しむってこともあるんだなぁ、と。

そう言えば、私の大好きな超能力もの『NIGHT HEAD』の主人公兄弟も苦しんでた
なぁと思い出しました。

因みに『NIGHT HEAD』は、とてもバイオレンスでしたけど・・・・


作者の万城目学さんは初めて読んだ作家さんでした。
この本は図書館で予約していたもので、手元にくるのにもっと時間が掛かるかと思っ
ていましたが、意外に早く読めました。

図書館での配架作業の時にも、万城目さんの本は棚にあるのをあまり見かけないの
で、人気なんでしょうね!

たまたま『鴨川ホルモー』もあったので一緒に借りてきました。
読むのが楽しみです(*^_^*)





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/716-7cde1814

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。