あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『困ってるひと』 大野更紗

ある日、原因不明の難病を発症した、大学院生女子の、冒険、恋、闘い―。

知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ。

内容(「BOOK」データベースより)






筋膜炎脂肪織炎症候群という病気を知っていますか?
この本を書かれた更紗さんが、突然発症した病気の名前です。

本当に珍しい病気のようで、ネットで検索してもあまり詳しいことが分かりません
でした。そのせいでしょう、病名が分かるまでに検査に次ぐ検査で、1年くらいが
掛かったと書いてあります。

検査の凄まじさ、闘病生活の凄まじさもさることながら、私が一番驚いたのは
こういう難病に罹患した方たちを救済するはずの福祉の難解さでした。

更紗さんは、果敢に福祉の壁に立ち向かい、何とかして自分で生きていく道を
切り開いており、その血の滲むような努力に敬服したのですが、本来であれば
もっと福祉を受ける当事者よりに制度が制定されていてしかるべきじゃないの
か?という疑問は最後まで消えませんでしたね。

著者のように、何とか自分で切り開くことのできた人は実際には稀なのでは?
制度の狭間で、どうしたらいいか分からず途方に暮れている人が多くいるので
はないか?と思いました。

今まで、福祉というものを直接利用する機会がなく、実際のところは、この本の
中で知った範囲でしかありません。そして、その手続きの複雑さ難解さに、読ん
だだけでも驚かされました。

何だかね、もうちょっとどうにかならないものなんでしょうかね?
具体的なことが把握できていないので、本当に漠然とした感想でしかないので
すが・・・・

大変な身体の状態、検査の辛さ、闘病の精神的な苦痛、その中で芽生えた恋心。
様々なことが、そのままの姿で語られていきます。

社会的な問題提議も含め、幸せって何だろう?ということも考えさせられる一冊
です。

是非、ご一読を!!



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/729-3d919b9c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。