あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ある日、アヒルバス』 山本幸久

東京生まれの東京育ち(ただし八王子)の高松秀子(デコ)はアヒルバスに
入社して五年の観光バスガイド。一筋縄ではいかないわがままなツアー
客たちに振り回され、新人研修の指導員になったものの教育は遅々とし
て進まない。そんな中、同期の中森亜紀にアヒルバスの「革命」を持ちか
けられるが…若きバスガイドの奮闘と成長を、温かな目線と軽妙なユー
モアで描くお仕事&青春小説の傑作。 内容(「BOOK」データベースより)






あぁ~面白かったなぁ~~(^^♪

アヒルバスで働くバスガイド、デコちゃんの奮闘記です。
アヒルバスの観光バスは、1台1台鳥の名前が付いてるんですよ。

駝鳥号とか(笑)

ツアーでガイドしながらのお客さんとの絡みが楽しくていい!
先輩ガイドさんに習った通り、ツアーのお客さんにあだ名を付けていくのが、
何とも面白くて、本名は全く分からないままなのに、妙に親近感が湧くんです
よね。

後半では、いきなり新人バスガイドの指導員を命じられての奮闘です。
この新人ガイドたち、個性的過ぎるだろ!?
私が指導員だったら、たぶんぶち切れてる(笑)
デコちゃんみたいに優しくはできなそうもないなぁと思いました。

デコちゃんは、自分が優し過ぎることで悩んでましたが・・・・

新人研修の主任バスガイド鋼鉄母さんや、後から指導員に加わるデコちゃんと
同期のバスガイド・アキちゃんとのやり取りも絶妙で、とても楽しく読みました。

鋼鉄母さんの息子カオルくんとの会話がまた、時代劇みたいで面白い!
カオルくんまだ5歳なのに、~でござるって、どこで覚えたんだか。
うふふ、カオルくん好きだな~


デコちゃんの台詞で興味深かったのは、

「秀子だって何度も辞めようと思ったことがある。これからさきもあるに
 ちがいない。仕事が楽しいかと訊かれ、胸を張って、はい、と答えられ
 る自信はない。ではバスガイドを辞めて、べつの仕事がしたいかと訊
 かれたら、それは、 いいえ、と答える。」 



この部分です。

この感覚は、意外と多くの人が持っているのではないでしょうか?
今の仕事に関して、辞めようと思ったことがないとは言わないけれど、では
本当にその仕事が嫌いかと言うと、そうではない、という感じ。

仕事を続けていく理由って、そんな感じでいいのかもしれないと思いましたね。
そうやって続けていく中で、成長したり、工夫して楽しくできるようになれば、
いいのかもしれない。

仕事に費やす時間って、一日の中で結構な分量がありますよね。
だからこそ、仕事に全てを求めてしまいそうになるけれど、どこかが満たされて
いれば、それでOKでもいいのかもしれない。

ついつい多くを求めてしまいそうになる自分に言い聞かせてみたりして。


山本幸久さんの作品は2作目です。
前に読んだ『シングルベル』も面白かったですよ。

いつの間にか、図書館で借りた本が次々に我が家に到着(?)していて、気合
入れて期限内に読もう!と張り切っているので、しばらくは他の本に手を出す
時間がなさそうですが、予約本が片付いたら読みたい本は、

『カイシャデイズ』と『凸凹デイズ』、面白そうです。

 



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

こんにちは。

これ、最高!
山本幸久さんの作品、片っ端から読みましたが、そのきっかけがこのアヒルバスでした。
借りて読んだんですが、結局中古で見つけて手元に置いてます(我が家のモノの多さはこんなとこが原因…)。軽いようでいて実はしっかりお仕事小説として前向きにさせてくれる作品、とでも言うんでしょうか。
『床屋さんへちょっと』も良かったですよ。

みーまりぽん さん

こんにちは。

山本幸久さんの作品は2冊目でした。
初めて読んだ『シングルベル』も良かったし、この作品も面白かったので
好きな作家さんの一人になりました。

図書館から借りた本が気付いたら6冊もあって^_^;
読めるかなぁとちょっぴり心配でしたが、見事(笑)読破したので
今週予約が回ってきた7冊目と、買った本の片が付いたら、
次の山本作品にも手を出したいところです。

その独特の感性が真骨頂!!

お仕事青春小説って、意外にイロイロありますけど
この作品は好きですね~。
なにより「あひる」ってところから惹かれちゃう(笑)。
そして、やっぱり面白さの中にきちんと伝えたいことが
貫かれていて、感動もあるし。

山本さんってどんな才能の持ち主なの!?って思ってしまいます。
ネットで探してみたら、細かく解説しているサイトを見つけました!
http://www.birthday-energy.co.jp

新作「幸福トラベラー」も出たみたいですけど、
今後はもっと活躍が期待できそうですね!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/735-97624fa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『ある日、アヒルバス』 山本幸久】

東京生まれの東京育ち(ただし八王子)の高松秀子(デコ)はアヒルバスに入社して五年の観光バスガイド。一筋縄ではいかないわがままなツアー客たちに振り回され、新人研修の指導員になったものの教育は遅々として進まない。そんな中、同期の中森亜紀にアヒルバスの「革命」を...

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。