あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仄暗い水の底から』 鈴木光司

巨大都市の欲望を呑みつくす圧倒的な「水たまり」東京湾。
ゴミ、汚物、夢、憎悪・・・あらゆる残骸が堆積する湾岸の「埋立地」。

この不安定な領域に浮かんでは消えていく不可思議な出来事。
実は皆が知っているのだ・・・海が邪悪を胎んでしまったことを。

「リング」「らせん」の著者が筆力を尽くし、恐怖と感動を呼ぶカルト
ホラーの傑作。 内容(「BOOK」データベースより)





プロローグ/浮遊する水/孤島/穴ぐら/夢の島クルーズ/漂流船/
ウォーター・カラー/海に沈む森/エピローグ


あ~~~怖くて面白い~!!

九つの水にまつわるホラー短編集で、どの作品も鳥肌立てながら読み
ましたよ。

しかも、ただ怖いだけじゃなく、登場人物の心理描写も絶妙で、どう
なっちゃうの!?というドキドキ感まで味わえます。

何か出てくるんじゃないかと、指の間から怖い話のテレビを観ている
ような感覚を味わったり、思わぬ展開に、ビックリしてみたりと、
作品ごとにかなり楽しめました。

『リング』シリーズを読んだ時にも感じましたが、鈴木光司さんの作品は
巧妙に創りこまれていて、スケールの大きさは短編集でも変わりません。

九つの作品、どれも甲乙付けがたかったですね!!
特に「海に沈む森」から「エピローグ」のつながりは、かなり好きです。



鈴木光司さんと言えば、映画化で怖いお話として有名になった『リング』
『らせん』『ループ』『バースディ』の作者で知られていますね。

『リング』シリーズは本当に素晴らしい作品で、私のお薦めの一つです。
是非、シリーズ全て読まれることをお薦めします。

全て読み終わった時に、スケールの大きさと意外性に呻ったのを思い出し
ます。

短編集でも裏切られることなく堪能させてもらいました。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/748-abbfa5b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。