あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『舟を編む』 三浦しをん

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されて
いたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に
迎えられる。

個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。
言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。

しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成
するのか──。

言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる
三浦しをんの最新長編小説。(内容紹介より)







2012年本屋大賞 大賞受賞作品。


すっごく良かった。号泣した(T_T)
後半は涙が止まらなくて、感動と情熱に心が熱くなった。

と言っても、決して暑苦しい作品ではなく、情熱を持ってあきらめずに
物事に当たることが、ある意味淡々と描かれている。

この本を読んで思った。
情熱っていうのは、捻り出してくるものじゃなくて、隠そうとしても
隠し切れない、溢れ出てくるものなんだな、と。

どうしてもやりたくて仕方ないもの、やらずにはいられないものが
見つかった人は、きっと幸せなんだろうと思う。

そのやらずにいられないことに邁進している姿を他人が見て、あの人は
情熱のある人だと言うんだろう。

情熱は気付いたら出てしまっているもので、出そうとして出るものでは
ないんだと感じた。

「辞書を作る」という過程を初めて知ったのも興味深かった。
その過程に携わる者、それぞれの想いのかけ方が、とっても良い!!!

言葉に、原稿の交渉に、紙に、デザインに。
それぞれが、それぞれの想いをかけていく姿に、何度も感動して、何度も
涙が出た。

誰かが懸命になっている姿ってのは無条件で感動を生むものなんだなぁ~

是非是非、読んで、言葉の世界の奥深さを堪能して欲しい。
お薦めです。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/752-407b7df3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。