あっちこっち ぐるぐる

本や漫画を読んで感じたこと、日々の出来事などを綴っています。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

ちゃっぴ

Author:ちゃっぴ
ジャンルを問わず、漫画から小説まで何でも読みます。我が家の蔵書は3000冊ほど。お気に入りの作家さんの著書は全部集める癖のため、本は増える一方です(笑)

独断と偏見の読書感想や、日常のいろいろな出来事を書き留めています。

※リンクはフリーです。
 よろしくお願いします♪

ランキング参加中です

よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへ

World Vision

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人生を半分あきらめて生きる』 諸富祥彦

「ふつうの幸せ」が難しい時代だ。憧れの仕事、理想の結婚、豊かな老後…
そんな選択ができる人はごく少数。

日本は、個人の努力とは無関係に、就職できない人、結婚できない人、
孤独のまま死んでいく人がますます増える社会になる。
そこでは「人並みになれない自分」に焦り苦しむより、人生を半分あきら
めながら生きることが、心の奥深く満たされて生きる第一歩となる。

自分ではどうにもならない現実に抗わず、今できることに集中する。
前に向かうエネルギーはそこから湧いてくる―。
臨床経験豊富な心理カウンセラーによる逆説的人生論。
内容(「BOOK」データベースより)







去年から今年に掛けて、本当に苦しくて苦しくて堪らなかった時に助けて
くれた、私の敬愛する諸富祥彦さんの本です。

これから厳しい時代を迎える人たちに、どうしようもないことを上手に
あきらめる方法が書かれています。

あきらめるとは、仏教では明らかに見るという意味の言葉なんですって。
現実を明らかに見て、どんなに頑張っても手に入らないものは、何とか
手放していく。

でも、この本のプロローグにも書かれているように「あきらめたくないことを、
あきらめる」ことは、簡単なことではありません。

あきらめられないと執着していることも辛い。
けれど、あきらめてしまうこともできない。

その心の苦しみは生半可なものではないと思います。

そんな苦しさを踏まえた上で、それでもあきらめざるを得ないところを
あきらめる方法が書かれています。

しかし、もちろん何もかもをあきらめてしまえとは書かれていません。

これからの厳しい時代、いろいろなことを一つずつあきらめなければ
ならない事態に追い込まれる人が増えてくるでしょう。

あきらめきれないことを、身を切られるように、もがき苦しんで、もう
死んでしまいそうなほどの思いをしてあきらめた先に、「人生の意味」
が見えてくると諸富先生は言います。

 「私たち一人ひとりの魂には、暗黙のミッションが刻印されている」



私の中にある「人に頼りにされたい」という思い。
人に頼りにされることで、自分の価値を証明したい。

そんな醜さを持っている限り、本当の意味で自分が望む生き方ができない。

分かっていても、湧き出してくる思いを何とかあきらめる作業を
去年からずっと続けている。

このあきらめの先に、自分と向き合っていく作業の先に、私のミッションが
隠されているのだとしたら、死ぬまでに知りたい。そう思う。

私の魂のミッションは何なのか?
そことつながって生きることができたら、どんなに苦しくとも、きっと
心の深いところが満たされていくのだろう。

そこを目指して。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://lovekyon.blog114.fc2.com/tb.php/753-7e91ffcc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazonオススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。